2009.09.25 LONDON Bank,waterloo

11月 11, 2009 11:12 pm Published by

展示会場に突っ立っているのも少し飽きてきたので、他のブースなどを見て回る。

R0010224

光ファイバーの照明

R0010233

100%の会場内にあった別のイベントDESIGNERSBLOCK。床のストライプがいいかんじ。

R0010235

ちいさくてかわいいスツール

R0010241

倉又御大のオバキューみたいな椅子。プロトタイプなので座らないでくださいと書いてあった。

R0010242

ロココ調+サボテンの椅子。ピンクなのはメキシコ=サボテンだから?

R0010243

ぐねった棚とローボード。

R0010244

木の枝と羊毛でナチュラルなかんじ

R0010246

引き出しのついたローテーブル

R0010247

マガジンラック

R0010248

靴棚

R0010249

ファイバーをくしゃくしゃにした照明

R0010253

毛でできたなにか

R0010254

あいがきの棚

R0010257

こ、これは・・・蟹っぽい・・・!特に前足と後ろ足が気持ち悪くて良い。

R0010259

一枚の板(5センチ以上あったけど)を曲げてソファ的な物にしてみました。

R0010260

最初から物が置いてあって、かつ棚と一体化している

R0010261

三本のながーいボルトで両側から締めている。運ぶのに便利そう

会場内を一通り見終わったので、玉さんと建物見学に行くことにした。

R0010266

玉生インロンドン。ここはBank駅だったかな。

R0010268

駅の近くにあった施設

とりあえず昼ごはんを食べる

R0010275

写真を取り合う岡山出身の私と横浜出身の彼

R0010287

さりげなく貼ってあったタイル。これもグラフィティの一種なんだろうか。

R0010293

ぎらぎらと鈍くかがやく建物が見えた。見たかったロイズ オブ ロンドン!工場みたいに見えるが保険会社のオフィスビル。

R0010299

配管や構造がむき出し。古い町の中にあるけど、嫌じゃない。

R0010301

見あげる

R0010302

見あげる

R0010309

じゃー中を見せてもらおうか、とエントランスに入ったら追い返された。。。。orz

R0010306

建物の周りをうろうろ

R0010304

うろうろ

R0010290

うろついていると、古い建物の間から異様な形のビルがどーん!ガーキン(ピクルス)って呼ばれてる建物。

この建物の設計者はノーマン フォスター。

R0010310

近づいていきます。どどーん!

R0010313

振り返るとロイズがバーン!金属でできた教会みたいだ。

R0010318

ここでも入館お断り。屈強なガードマンに追い払われる。

R0010319

うーん。。。。

R0010320

遠くから見たところ。中銀カプセルを思い出すのはなぜだろう。

R0010323

ロイズの隣の古い建物。わかりにくいけど、中がロイズと同じような金属質の空間になっている。

R0010333

歩いてテートモダンへ。

この橋もノーマン フォスター先生の設計。動線が振り返るように設定されていて、正面にセントポール大聖堂が見える心憎い設計

R0010340

テートモダンは無料なのだが、何も展示が無く残念。薄緑の張り出したボックスが見える

R0010342

振り返る

R0010343

本屋さん。棚の上のディスプレイがかっこよい。

R0010346

ドネートする玉さん。パチンコみたいな募金箱

R0010348

また歩く。高架下にあった大きなグラフィック。ポールスミス?字がまったく書いてない

R0010352

ヘイワードギャラリーに来た

R0010360

少し昔の現代建築だ。だれが設計したのだろう。

R0010361

色が茶色くなっている。

R0010364

R0010366

入口

ここも休館だった。。。。

R0010367

仕方ないのでアールズコートの会場に戻る。